世界各国で導入の動きが活発化しているスマートグリッドとは?

「賢い」「有能な」等を意味する単語「スマート」と「送配電系統網」を指す「グリッド」の二つを組み合わせた造語「スマートグリッド」は次世代送電網とも呼ばれており、発電から配電までをアナログ制御で行ってきた従来のスタイルを、発電から消費に至るまでデータ通信を全てデジタル制御で行う革新的なものです。

次世代送電網で暮らしが変わる

エネルギー産業に従事する人を除けばほとんど馴染みがなかった用語ですが、就任間もないオバマ大統領が発表したエネルギー政策の中核に「スマートグリッド」を据えたことで大きな注目を集めるようになり、日本でも2009年以降になると頻繁に新聞や雑誌で採りあげられるようになりました。特に先の東日本大震災で福島第一原子力発電所の事故の影響で、電力の長期的な安定供給が損なわれかけてからは、その導入を巡ってテレビなどでも多く目にするようなり今日に至っています。

再生可能なエネルギーの大量導入を目指す

スマートグリッドを導入する大きな目的は、電力系統を流れる電気エネルギーの利用効率を向上させ、発電所で使用される化石燃料への依存率を引き下げることです。

そのためにはまず、私たちが日常生活している個々の住宅やオフィスで使用する電気の使用をリアルタイムで計測し、そのデータを電力会社に通信で送るシステムを構築する必要があります。データを受け取った電力会社はそれに基づき個別の電力消費を抑制するなどの調整を行い効率化に努めるのです。

化石燃料を利用した発電はその過程で空気中に放出されるCO2(二酸化炭素)で地球温暖化の一因とされていますが、スマートグリッドでは送配電系統の側が環境に優しい風力や太陽光を利用した発電を可能な限り多く採用します。

風力・水力発電は自然を利用しているため供給が不安定になりがちなため、新しい系統制御方式の導入が欠かせません。そして、上記の需要と系統の制御をデータ通信で相互連携を行い、発電から消費までの一連の流れで最大の効率化が行えるように運用するのです。