従来のビルの省エネとBEMSの違いを解説

スマートグリッドを語る上で頻出する用語がいくつかありますが、そのひとつがITの先端技術を利用してビル分野のエネルギー活用の最適化を図るBEMS(Building Energy Management Systems)です。ビル分野では以前から管理者が空調をこまめに調整するなどの節電策が採られてきましたが、これら従来の省エネ活動とBEMSとは一体何が違うのでしょうか?

電力使用状況をリアルタイムで把握が可能

ビル運営の全コストのなかでも電気代はかなりウェートを占めており、大きなビルであればあるほどパーセント刻みの電力消費削減で収益に大きな違いが生まれます。

BEMSでは、家庭用のスマートメーター(左サイドバーの記事参照)に似た電力量監視システムが導入されるため、現在ビル全体でどのくらいの電力が使用されているのかがリアルタイムで分かるため、気温の割には暖房(冷房)の使用状況がおかしいと判断された場合などには自動制御で抑制を行ったり、担当者が関係部署にアラートを送信するなどして節電を促すことができます。

またビルの屋上などのスペースに設置した太陽光パネルによる太陽光発電、蓄電池による蓄電、電力会社から供給される電気を状況に合わせて組み合わせて使用することにより、最も経済的な使用法を選ぶことができます。これは温室効果ガスの削減にも繋がり、企業活動のPRの一環にもなります。

こうしたスマートグリッド寄りの方策は各社が既に実用化しており、費用対効果も認められていることから、今後さらに普及することが予測されます。

一般的なオフィスでは照明や空調の設定はフロア、あるいはゾーンごとに行うのが一般的ですが、BEMSではさらにエリアを細分化し、先端的な企業ではデスク単位での制御を行っており、決め細やかな節電を心掛けています。

ビル内には温度計、湿度計はもちろん、照明センサー、人感センサーを設置し、どのエリアにどの程度の証明や空調を行うのが最適化をコンピュータが自動的に判断してそれぞれの調整を行います。その日の日射量に合わせて自動的にブラインドが開閉する例もあります。

こうした方策を組み合わせて得られる効果を検証し、ビル全体のエネルギー利用と二酸化炭素の削減効果を最大限に高めるのがBEMSの狙いです。こうした方策を実際に導入して成功している有名な例として、六本木ヒルズの熱電併給をおこなっている森ビル系の六本木エネルギーサービスがあります。

38,000kWの発電用量を有したガスタービン・コジェネレーション設備を六本木ヒルズの地価に設置し、ビル内の各オフィス、住居等に電力、冷暖房、温水を供給しています。電気料金も東京電力よりも安いため、好評です。